2012年1月

ハイキャスト新年会&ベトナム研修生送別会

1月28日、ハイキャストの新年会&ベトナム研修生の送別会が開催されました。

過去の延長線上にとらわれず、「鋳物屋からすればありえない、でもお客はそれを待っていた!」 そんな型破りな鋳物屋になるべく、知恵を出してほしい!!!

と、そんな挨拶をして宴がスタートしました。

バカ騒ぎしている人もいれば、真剣に仕事について語っている人もいれば、別れを惜しんで泣いている人もいましたが、とにかく大変な盛り上がりでした。

右下の写真だけは昨年末の忘年会の2次会のものですが、まっこんな感じです。

P1280603.JPG     P1280614.JPG

P1280620.JPG     PC280536.JPG

※2月1日帰国予定のベトナム人研修生については、後日改めてブログで紹介します。

記 代表取締役社長 高橋健太郎

内定者のご両親にご挨拶してきました

新年恒例お得意先の挨拶回りの間を縫って、内定者3人それぞれのご両親に面会に行ってきました。どちらの自宅にご訪問しても、素敵な御両親の元、素敵な家庭で大切に育てられたことがひしひしと伝わってきて、・・・

 

改めて宣言します。

 

何があってもリストラはしない!

ハイキャストに入社したことを後悔させない!

 

 

あまいことを言っているようだが、そうではない。

成果に対し、より厳格になることを意味する。

 

彼らと共に、理念ビジョンを追い続けようと、決意を新たにしています。

 

記 代表取締役社長 高橋健太郎

鋳物屋なのに型破り

新年あけましておめでとうございます。

ハイキャストも今日が仕事始め、全開スタートです。

昨年は大震災によってイレギュラーな操業を強いられましたが、社員の協力の基、一致団結し、まさに“絆”を強く感じた年でした。

また、経営理念を見直して臨んだ初の新卒採用は、身の丈を超えているのではないかとの不安もありましたが、やはり社員の協力を得て、満足いく採用と共に、社員の絆を深めることができました。

 

今時代は大きく変わろうとしています。

ですからハイキャストも、「今までの常識や枠にとらわれず、安全圏を飛び出して冒険していこうと思っています。」

『鋳物屋なのに型破り!』 は、

今年のテーマというよりも、ハイキャストの永遠のテーマです。

昨年の新卒採用もその1つですが、

今までの型を破り、新たな鋳物屋のあるべき姿を創造していきたいと思っています。

 

本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

また、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

記 代表取締役社長 高橋健太郎

 

1
PAGE TOP