2012年3月

新卒採用プロジェクト『未来へ~100年の伝統と共に~』

2013年の新卒採用に向けてハイキャストも動き出している。

今年は採用担当を立候補で決めた。5名の立候補者に1名加え、私を入れて7名のプロジェクトチームが結成された。

良い人材が採用できるか否かは我々にかかっている。そこで、我々の自己啓発と採用についての学びをアチーブメントに依頼し、2週間おきに3回、丸3日間の研修を受けた。

 

まず、プロジェクト名とチーム名を決め、ポスターを制作。

“型やぶりプロジェクト 真夜中のロージー” の発足だ!!(チーム名の由来は奥が深すぎるので省略する。)

P2180626.JPG   画像 003.jpg

 

次は、200年企業の条件やなりたい将来から考えていき、ハイキャスト20年史 20120318180653023.pdf を完成させた。

 

そいて、採用プロジェクトのミッション、ビジョン、ポリシーを決める作業だ。 

決まったことを紹介しよう!

 

新卒採用プロジェクトミッション ~何のために新卒採用を行うのか?~

現社員を活性化し、想いを共有できる仲間を増やすことで、「鋳造業界をリードするモデル工場」になる。

 

新卒採用プロジェクトビジョン ~新卒採用プロジェクトを成功させて、どんな状況や環境を創造していきたいか?~

●全社員が一丸となって楽しさを追求し、活気あふれる職場空間をつくる。

●商品開発や技術開発に挑戦して成功している。

●個人の思いや夢を大切にしている。

 

新卒採用ポリシー ~新卒採用プロジェクトを進めるにあたって、ハイキャストなりのポリシー(大切にする考え方)は何か?~

●全社員を巻き込む。

●来た学生が全員「楽しかった!」といって帰る。

●学生に対して真剣に誠実に対応する。

 

さらに求める人財像を明確にしたのがこれだ。

1、協調性がある

   自ら進んでコミュニケーションを取り、作業に協力できる。

   人の話に耳を傾け、きちんと返事ができる。

   他者と協力し、新しい取り組みに積極的に参加する。

2、ポジティブである

   素直で成長志向。

   積極的に行動し、失敗を恐れない。

   怒られてもへこまない。

   勉強好きで努力を惜しまない。

3、創造性がある

   固定概念に縛られることなく仕事の方法を常に工夫できる。

   イメージしたことを形にすることが上手い。

   会話の空気づくりが上手い。

 

最終日は、採用のフローを決め、採用担当者の心得や使命などの勉強。

そして、メンバー1人1人が、「ハイキャストで何を成し遂げたいのか?」について、それぞれの想いをプレゼンした。

P3170671.JPG   P3170673.JPG

めちゃくちゃ感動した!!!

みんな仲間を思い、会社を思い、そして自分の将来を真剣に考えている。

 

改めて思う。。。

 

素晴らしい、最高の社員に支えられていることを!!!

 

P3170685.JPG   画像 005.jpg

画像 002.jpg   画像 001.jpg

 

アチーブメントの辨野さん、大須賀さん、河合さん、朝早くから夜遅くまで、素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

記 高橋健太郎

待望の第一子誕生!!!

前回に引き続き赤ちゃんネタです。

今度は、入社5年目の社員“おお☆ひろ”家に、待望の第一子が生まれた!!!

蒼空誕生  (67).JPG

名は、蒼空(そら)

雄大な名前で、ちょ~かわいいですね。

 

我が子には、こうなってほしい! あーなってほしい! こんな生き方をしてほしい!

だんだんと思いは強くなっていくでしょう。

それを実現にするためにはどうしたらいいのか?

 

ある人が言っていました。

まず親がそんな生き方をすることだと。。。

 

またひとりハイキャストファミリーが増えました。

世界中の働く人に勇気を与える。 世界中の笑顔づくりに貢献する。

それにはまず自ら、そして家族、ファミリー、仲間、、、と インサイドアウトに広げていく!

 

本当におめでとう!!!

記 高橋健太郎

ハイキャストファミリーが増えました!

Image050.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

社員の赤ちゃんの写真を入手しました!

名は、“麗緒奈(りおな)ちゃん” 

生後2か月、まるまると太り、とっても元気とのこと。

 

ハイキャストは大家族主義。

社員の家族は、みんなハイキャストのファミリーです。

またひとつ頑張る理由が増えました。

またひとつ元気のもとが増えました。

 

それにしても本当にかわいいですね!

お父さんもいい顔している!!!

世界中の人がこんな笑顔になれたら最高ですね。

記 高橋健太郎

1
PAGE TOP