お問い合わせ

会社概要

企業情報

企業情報

鋳造とは提供された図面を基に精巧な木型を造り、それをベースに鋳型を成型 し、要求された材質に調合した金属溶湯を流し込み、機械部品などへと 仕上げていく業務。

ハイキャストは設立以来、一世紀にも渡りこの鋳造一筋に歩んできまし た。ハイキャストの魅力は、その豊富な経験と、新しいことにも積極的に チャレンジする若い活力にあります。 そして、新旧の技術を融合して創られるハイクオリティな製品と、IT技術 を駆使した納期管理と品質保証で、いまや多くの企業様から高い信頼 を頂くまでに成長を果たしております。

社名 株式会社ハイキャスト
代表 高橋 健太郎
住所 本社 東京都板橋区大山東町38-8
羽生工場 埼玉県羽生市小松台2-705-34
TEL 羽生工場 048-561-5241
FAX 羽生工場 048-561-5243
URL https://www.hicast.jp
E-MAIL info@hicast.jp
営業品目 鋳造品の製造・販売
【主な製品】 射出成型機部品、工作機械部品、ダイキャストマシーン部品、プレス機械部品、半導体製造装置部品、液晶製造装置部品、建設機械部品、鉄道部品、 信号機部品、減速機部品、船舶部品、ポンプ部品、産業機械部品、油圧部品、ベアリング部品、 医療機部品、計測器部品、顕微鏡部品、風力発電部品、金型、加工治具などの鋳鉄品
資本金 1,800万円 
設立年月日  大正5年6月10日
従業員 40人
取引先銀行 城北信用金庫
朝日信用金庫
三菱UFJ銀行
日本政策金融公庫

 

社長あいさつ

株式会社ハイキャスト 代表取締役社長 高橋健太郎

弊社のホームページを見て頂き、誠にありがとうございます。

大正5年から鋳造一筋に歩んできた弊社には、代々受け継がれているものがあります。それは『人を大切にする心』です。目先の損得に惑わされず義理人情を重んじ、『和』を合言葉にこれまでやってまいりました。情報化社会といわれる今日だからこそ改めて先代の思いを貫く所存でございます。

また、人を大切にするからこそ、その時代そのお客様に合わせ、進化を遂げてまいりました。

これからもさらにスピードをあげて、お客様の要求を先取りすべく革新を続けてまいります。

 

株式会社ハイキャスト 代表取締役社長 高橋健太郎

 

沿革

大正5年 6月 現本社所在地にて、初代社長高橋忠四郎「高橋鋳物工場」設立
大正12年 11月 二代 高橋伊登継承
昭和8年 4月 三代 高橋金次継承
昭和20年 4月 戦火により工場全焼
昭和20年 8月 工場再建
昭和23年 7月 「高橋鋳造(株)」発足 資本金150万円
昭和34年 10月 志村工場落成
平成2年 1月 資本金を1800万円に増資
平成4年 1月 四代 高橋正敏継承
平成5年 1月 社名を「(株)ハイキャスト」に変更
平成5年 2月 羽生工場落成、これによる志村工場閉鎖
平成13年 11月 鋳鉄工場増設工事完了
平成16年 11月 検査工場増築
平成17年 4月 テント倉庫建築
平成18年 7月 中子工場増築
平成20年 11月 DNV認証取得
平成22年 1月 五代 高橋健太郎継承
平成23年 10月 エコアクション21認証取得
平成24年 9月 彩の国工場に指定
平成25年 8月 ISO9001 取得
平成27年 2月 高強度球状黒鉛鋳鉄(H-FCD800)製造開始
(青梅鋳造株式会社と技術提携)
平成28年 6月 創立100周年
平成30年 9月 新管理棟完成
令和元年 8月 BV認証取得
令和2年 6月 オリジナルブランド「MARUIMONO」創設、PIZZA EGG販売開始
令和2年 8月 砂処理設備新設

 

認定資格

ISO9001:2015

ISO9001:2015

品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001:2015の認証を取得しました。

DNV

DNV

船級協会DNV(デット・ノルスメ・ベリタス)の品質管理審査を受け、認証を取得しました。

BV

BV

BV船級教会/フランス船級協会の品質管理審査を受け、認証を取得しました。

EA21

ea21

エコアクション21は環境省が策定した環境マネジメントシステムです。

彩の国工場

彩の国工場

技術力や環境面で優れている工場として、埼玉県知事によって指定されました。

 

アクセス

羽生工場

電車で

①東武伊勢崎線/秩父鉄道「羽生」駅西口下車、タクシーで5分
②東武伊勢崎線/秩父鉄道「羽生」駅西口より、イオンモール羽生方面のバスに乗り、「工業団地」で下車し、徒歩3分

お車で

東北自動車道「羽生IC」より、車で10分

ページ上部へ