お問い合わせ

特許材質(高強度球状黒鉛鋳鉄H-FCD800)の製造に成功!

技術提携を結んだ青梅鋳造様の指導のもと、特許材質(高強度球状黒鉛鋳鉄H-FCD800)の製造に成功しました!

4つのテスト結果とJISのFCD800-2の規格値とを比較しましても、下記のように十分規格を満たす結果となりました。
またこの材質は、高強度という特徴だけでなく、下記のような特徴も持っています。
 

~ 記 ~

【材質規格とテスト結果】

鋳鉄の種類

引張強さ(N/?)

耐力(N/?)

伸び(%)

硬さ(HB)

JIS規格

FCD800-2

800以上

480以上

2以上

200~330

テスト結果の平均

H-FCD800

904

590

2.5

326

 

【 主 な 特 徴 】

特徴1 高硬度状態で切削加工が可能。

小径穴タップ加工や歯切り加工で、切削性を確認いただけます。切削性に優れているため鋳鋼品やオーステンパダクタイル(ADI)からのコストダウンが可能です。

 

特徴2 水素脆化を抑制します。

水素脆化(すいそぜいか)とは、鋳鉄中に吸収された水素により鋳鉄の強度(強度とじん性)が低下する現象。弊社鋳鉄がこれを抑制するのはCuが黒鉛周辺に偏析する為と考えられています。

 

特徴3 耐磨耗に優れている。

同硬度の鋳鋼と比較して耐磨耗に優れているのは、潤滑油とカーボンが馴染むためと考えられます。

 

特徴4 減衰能において、鋼に比べ大きな優位性を発揮。

減衰性に優れているのは鋳鉄特有の性質で、カーボンによる影響と思われます。  

以上

IMG_3540.JPG  P3240007.JPG

P3240017.JPG  IMG_3542.JPG

鋳鋼品やオーステンパダクタイル(ADI)や鍛造品などの代替品として、また新たな開発用途として、ぜひご検討をお願いいたします。

お気軽にお問合せいただけたら幸いです。

記 高橋健太郎

ページ上部へ